1日目

風来坊

某百貨店のペットショップから、オカメインコのビスコを連れて帰る。


 


店員さんの話によると、挿し餌は朝晩2回。

昼は一人で食べさせてみて、5月3日あたりから


徐々に一人餌にしてみたらどうでしょうとのこと。


また、少し食が細く警戒心が強い。


人を怖がる感じとの説明を受ける。


 


そんな中、電車で約2時間、ビスコを連れて帰った。

道中、声は大きくないが、ずーっとギャーギャー叫んでいた。

ふだんは全然気にならない騒音が、やたらと気になった。

電車の揺れも激しい。相当怖かったであろう。

なんだか、自分がとても可哀相なことをしているような気持ちになった。


 


家に着いてしばらく布をかぶせしずかなところに置いていたが、

餌を食べさせるために近寄るとギャー!と叫んで食べようとしない。



パウダー状の餌を水で溶かして湯煎であたため、


スプーンで近づけるもまったく食べない。

1日目は食べなくても仕方ないかもと思い、しばらく放っておく。


 


しかし、フンだらけになってしまったのと、水を入れておきたいと思い、


鳴きわめくなか、ひとまずケースから外に出して掃除。

ついでにシードも中にばらまいでおいた。


 


夜中、そうっと様子を確かめると、一人で餌を食べていたのでとりあえず安心した…。

 

 

 

 







Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply