一人餌訓練その2

風来坊

朝。
先日同様、いつもの放鳥タイムを心を鬼にしてなくす。
コミュニケーションは、体重を量るときとプラケースの掃除をするのに

触ったときのみ。

 

ジャージャー、ピーピー鳴き喚くビスコ
かわいそうだが、無視してやり過ごす。
これも完全に一人餌になるまでの芯棒。


体重は80グラム。
昨日の夜、挿し餌たくさんあげたから朝の体重も増えていた。

 

昼。
天気がいいので窓辺にプラケースを移し、たくさんの撒き餌と水を置いておく。


今まで水を飲んでるところを見たことが一度もなく、

ほんとにちゃんと飲んでるのか不安で仕方なかったのだが、

この日初めて飲んでるところを目撃した。
口の周りについてた挿し餌が、いっきに水を汚していく……。
出かける前に、水だけはもう一度交換しないとダメかも。

 

その後、ムシャムシャと撒き餌を食べ始めた。
こんなにペレットにがっついてるのを見るのは初めて。
よしよし!
だんだん自分で食べることに慣れてきたかな?

 

 

夜。
体重を測ったら83グラムだった。
増えてる…!
これは着実に一人餌切替成功に向かっているということではないだろうか。


もうあと一歩!







【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com



Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply