愛の反対は無関心

風来坊

『愛』の反対は、憎しみでなくて『無関心』

だってさ。

本当にそうですね。
無関心は罪。

それは『何にでも興味を持て』とか、そういうことを言ってるんじゃないって。

自分が、心動かされることがあったなら
それを他人に伝えないとダメ。
良いと思ったものは、自分の中だけで終わらせるんじゃなくて
人に勧めないとだめだって。
それが『無関心』という罪から抜け出す方法だって。

ちょっと、気持ちが救われました。

これからも私は社会活動を続けていこう。
なぜなら、私はこの社会に関して無関心ではいられないから。
無関心でいたことが、ここまで事態を悪くしたと思っているから。


たぶん
なんだかんだ、私のようにこうやってブログを書いていられる人って
いまだコロナの影響を受けていないほうの人だと思う。

今回のコロナ騒動で
生活が困窮してしまった人、たくさんいます。
そういった人たちは当然ブログなんて悠長なことしていられないし
メディアは公にしてないけど、自殺してしまった人もたくさんいる。
正直コロナで死んだ人なんかよりもずっと多い。


だから、今そんなに困っていない人たちは
その状況に感謝して、困っている人たちのために行動しなきゃいけないと私は思います。
行動というのは『今、この現実を直視する』ということ。
そして『今のままでは事態はもっと悪化する』ということを知るということ。
そして知った後は、そうならないように拒否しつづけるということ。


目を覚ましていない人がどれだけいることか…。


まだコロナを恐れている人が大勢いる。
あなたがコロナを怖いと感じているのはナゼ?
テレビでそう言っているからですか?

それよりも、自分の周囲で死者・重症者・感染者がどのぐらいいるか
そこに着目してほしい。

そんなに大騒ぎするほどのウィルスではないということ
毎年流行っているインフルエンザと比べて、特別驚異的なウィルスでもなんでもないということ
経済に大打撃を与えるほど怖いウィルスなんかじゃないということ

政府が、ソーシャルディスタンスとか新しい生活様式とか
マスク着用を推奨している不自然さを、どうかわかってください。


最後に、人間の免疫について語ってる音声を添付します。



※斉藤一人さん※


コロナのことについて話しているわけではありませんが、
今回のコロナ騒動にも通ずるものがありますので、よければ聴いてみてください。






にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたら
ポチッとよろしくお願いいたします(*^^*)








Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply