まーた始まった……。

風来坊

相変わらず収まりそうにないコロナ脳の世の中にときたまウンザリしますが(;´Д`)
今回は、久しぶりに普通の記事です。



ビスコの鳴きっぱなし問題がまたまた勃発しました。
ちょうど去年の今頃、同じ問題でかなり悩んでいたのです。

このときは、何が理由なのか明確にはわからず
あれやこれや試しましたけど、今回はもう疑いようがない。

理由は発情です。

去年もきっとそうだったのでしょう。

ダラダラ続いた長すぎる換羽がやーっと終わったと思ったら
その途端に急に体重が増え始め
ちょっと油断すると、すぐにお尻を上げるまでに発情がMAXに…!
これはもう、状況がすべて発情を指しています。

体重は99gにまでなってしまいました。
きっと卵巣だかなんだかが膨らんで産卵に合わせた身体に変化したために
体重も増えたのでしょう。
食べる量はいつもと変わらないどころか少し減っているのに、体重は増えているのです。
ということは内蔵が肥大しているということですね。



P_20200531_113534_vHDR_Auto_convert_20200618002615.jpg


この写真の場所で尻上げしてしまうことが多く、
彼女にとってここが『巣』となっているんだということは明白でしたので、、、、


P_20200531_113610_vHDR_Auto_convert_20200618002629.jpg

こんなふうに黒いウチワを置いて邪魔したりして
尻上げを阻止しています。
あまり怖がりはしないけど、やっぱり違和感は多少あるみたい。


彼女との生活は、常に『巣』を潰すこととの闘いです。


持続発情も止められず
通常の発情も止められない。
そしてそれ以外のときはほとんど換羽。
正直、この子もオスほどは長生きできないだろうなぁと思っています。

最大のネックは、何にもビビらなくなってしまったということですね。
発情対策を決して諦めたわけではなく今でも色々やってはいるのですが、
それはビスコにとって『緊張感』を与えるところまでには繋がらず
ただ発情行動を邪魔するぐらいにしかなっていない。


P_20200529_193834_vHDR_Auto_convert_20200618000301.jpg

P_20200529_193850_vHDR_Auto_convert_20200618000337.jpg


P_20200529_193854_vHDR_Auto_convert_20200618000458.jpg


『巣』を守ろうと必死のビスコ。
寝かせる直前に撮影したものです。

こっわっっ!
さすが恐竜(笑)

発情していないメス鳥は『場所』に執着心を持ちませんので、こんなふうに威嚇はしてきません。


相変わらずカゴの下にもよく降りちゃうので、
四隅に座らないよう、邪魔するアイテムを置いて仕事に行ったりしています。

ところが、、、、。


Screenshot_20200616-133201_convert_20200618000405.jpg
※ウェブカメラで撮影※

見てください(笑)

丁寧に脇にどけて、シッカリ座ってましたw


ここまで来ると逆に感心するわ!w
って、感心してる場合じゃないんですけど。


なんで発情MAX中に鳴きわめくようになるのかは不明です…。
(オスはよくピーピーうるさくなると聞きますが…)
朝、出かける支度をしているときなどは、ほんとに頭がイカれそうです。

こんなビスコの発情を止める手段があるとしたら、、、

やはり、もう1羽お迎えするというのが
一番平和的解決なように思います。
さすがに他の生き物が登場したら緊張すると思うんですよね〜、ビスコも。

ただし、それも最初のうちだけのようには感じてます。
きっとすぐに慣れるんだろうなぁぁ。

それでも、今までは『飼い主の愛情独り占め、我が家のお姫さん』だった安定の立場が
何者かに奪われるかもしれない緊張感…これはけっこう有効になるんじゃないかなと。
気をつけないと毛引きに繋がる可能性があるので、接し方には十分な配慮が必要ですね。






にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたら
ポチッとよろしくお願いいたします(*^^*)








Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply