フンはバラけてるほうがいいんだよー

風来坊

在宅勤務続いてます。
一応、緊急事態宣言期間中の5月6日までは在宅。
(もちろん状況によってはもっと伸びる)


ビスコは、飼い主の作業スペース横で、こんな風にムクムクしております。

P_20200408_141559_vHDR_Auto.jpg



たまに私がバン!とケージを叩いたりして驚かすと…


P_20200408_142241_vHDR_Auto.jpg


スサ〜と鳥式ヨガを始めますが…


P_20200408_141219_vHDR_Auto.jpg

またすぐにこう…(笑)


いや、このムクムクの風船みたいな姿は好きだけど…
これは、いわゆる『キバを抜かれたライオン』と同じ状態です。
鳥は、本来こういう姿を留めている生き物ではないのです。
こういった状態で長いこと放置しているのは、毒以外の何者でもない。


ビスコちゃん、まだ換羽が止まりません。
もう現時点ではどうしたらいいのかわからないので、気にしないことにしました。
モチロンこれからも今まで通り発情対策は続けていくけどね。

仮に、もしいま換羽を繰り返させたことによってビスコの具合が悪くなってしまっても
私は十分すぎるほどやれることをやったと言える自信があります。
なので、『あのときああしてれば、こうしてれば…』という気持ちになることは
ほとんどないと思うんです。
やれるだけのことやったけど、仕方なかったね…と。

鳥は、慢性的な病気に一度罹ってしまったら完治することはほとんどないと思っていますので、
具合が悪く(=病気)なってしまったら、その後はもうずっと闘病生活を続けることになるでしょう。

後悔するのが嫌だから必死に頑張ってるようなものなので
後悔しないと確信できたのであれば、それ以上のことは思い悩むのは止めようと。


そうは言っても、せっかく在宅勤務で家にいるのだから
このチャンスを逃してはいけないと、あることをしています。

それは、『こまめにケージのレイアウトを変える』こと。
一箇所にず〜っと留まらせるのを阻止しようという目論見です。
これってオフィス勤務のときは絶対にできないことですからね(*^^*)

鳥は、本来あっちにいったりこっちにいったり、ちょこまかと動き回ってるのが
正しい行動なのです。
ということは、フンは色々な箇所にバラけて落ちているのが正常な状態。
一箇所に、山盛りにフンが落ちているというのは実は異常なことなのです。


そういうワケで、仕事の合間に止まり木の位置を変えたりして
ビスコをあっちにいかせたりこっちにいかせたり…。
もうあんまり、そういうことをやってもビスコには効き目がありませんが
やらないよりはマシでしょう…。

たぶん、この子の骨盤が閉まることがあるとしたら
それはカラスにでも襲われてほんとに命の危険にさらされるか
シベリアにでも連れていかれたときぐらいでしょうね(^_^;)





にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたら
ポチッとよろしくお願いいたします(*^^*)










Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply