野鳥に食糧難は関係なし

風来坊

本日も野鳥観察。
ベランダやマンションの踊り場からでしたけど、よく観察できました(*^^*)

改めて実感…。
この度のコロナ騒動、関係があるのは人間だけです。
(ペットの動物には間接的影響ありそうですが)
一部動物にも感染というニュースを観たけど、もともと野生動物にとって感染症は常に隣り合わせ。
新コロナに限ったことではありません。

野鳥たちには食料危機(経済危機)の怖れはないし、外出自粛なんてなんのその(笑)
地球上で騒いでるのは人間だけなんだよなぁと考えると、なんとも意味深いものを感じてしまう…。

もう人類のマスヒステリーはたくさん(-_-;)
スーパーに早朝から並んでる人を見かけると辟易します。
本当にそれが必要で、並ばないと買えないから並んでる人は別ですよ。
だけど、物流は滞っていないのに一部の商品が全くスーパーの棚に並んでいないのって
どこかで『買い占め』が起こっているからなんですよね…。

買い占めって本当に恥ずかしいことだと思う。
人間として未熟というか。
でも政府もアカンよね。
どうしたって、そういう浅はかな人間の数を減らすことはできません。
必ず一定数存在しているもの。
なので、こういった非常事態のために、日頃から配給用の食料を少しずつ確保しておくとかさぁ。
いくらでもやりようはあると思うんですよ。


ふと思ったんですが
お金が価値をなくす時代ってもうすぐそこまで来てるのかなぁ。

例えば、今は食べ物の生産ラインとか
電気の供給とか
人が生きていくために必要なことは何ひとつ潰れてはいません。
だけど、もしそこすらダメになってしまったら…
お金なんてただの紙切れですよね。
お金で買う対象のものがなんにもなくなってしまうんですから。

そうなったとき
一番生活環境が変わるのは、お金を持っていない人より
お金を持っている人になると思います。
サバイバルな生活ができる人っていうのはこういうときほんとに強いと思う。
山菜にめちゃめちゃ詳しい人とか!(笑)

サバイバルと言えば、我らが鳥ですよ。
鳥ほどサバイバルな生き物はいませんからね!


さて、今後どうなるかな?
何事もなかったかのように収束してもとの生活に戻っていくのか
このまま色々なことを見直さなければ前に進めない状況になるのか。

私はコロナ騒動が起こったとき、最初は一過性のものだと信じて疑わなかったけど
オリンピックが延期になって、色々なものに変化が出始めて
もしかして、これはけっこういくところまでいくのかなって、最近少し考え直しはじめました。
人類の進化が迫られているときなのかも?


どんな環境にでも適応できる自分でいたいですね。





にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたら
ポチッとよろしくお願いいたします(*^^*)










Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply