ダラダラ換羽を止められない

風来坊

ビスコちゃん…。
ダラダラ換羽が止まりません。

今年1月半ばごろから始まった換羽。
終わったと思うと、その1週間後ぐらいにまた抜け始めて、
また終わったと思うと抜け始めて…を繰り返してます。

たぶん…
私が発情しないようにと抑制していることも原因でしょう。
抑制してちゃんと止められていればOKですが、止めきれていないから

発情する→抑制されて換羽がくる
また発情する→抑制されてまた換羽がくる

この繰り返し。

じゃあ抑制しなきゃいいかというと、そういうわけでもない。
そうすると発情が原因の病気にかかりやすくなるし
産卵もするだろうし


単純に産卵をさせないということだけなら
『適正体重よりだいぶ太らせておく』という乱暴な手もある。
だけど、それだと間違いなく長生きはできない。
たまにいるのです。
『うちの子は卵一度も生んでないから発情してません』と思っている飼い主さん。
そういう飼い主さんの鳥ちゃんは大抵ブクブクに太ってます。
発情してないから卵生んでないんじゃなくて、太ってるから卵生んでないんだよー。
発情してるかしてないかの確認は、骨盤を調べるのが確実です。
まぁでもそういうのって、獣医さんからキチンと教えてもらわないと知りえないと思うから
仕方ないことなんだと思うけど。
飼育書が伝えないからいけないんだよなぁ、とつくづく(~_~メ)

鳥が太っていることにより起こる弊害はたくさんあります。
うまく飛べなくなるからケガにも繋がるし
足にも負担がかかるのです。
もちろん、内蔵にも負担がかかります。
適正体重より太っていることを甘くみてはいけません。

うーん、女の子の鳥って本当に飼うのが難しいね。

自分のやっていること
功を奏していなくても
例えビスコがオスの鳥ほど長生きができなくても
私は、これからも発情対策を続けていきます。
何もしないよりは全然いいと思うから。

そのうち、私自身の環境が変わって
ビスコにとって良い方向に進むこともあるかもしれないし


もう1羽お迎えして、ビスコの兄弟を作ってあげたいなぁとも思うんですけど
難しいだろうなぁ。

もう1羽飼育するとしたら、オスじゃないと私の身が持ちません。
そうなると同じオカメはNGです。
子供生ませる気がないのにツガイでは飼いません。
(仲悪いならいいけど^^;)

理想は、ちょっと気の強いジャイアンタイプの子。
ケガしない程度にビスコに嫌がらせ(もとい刺激を与える)してくるような子がいいですね(笑)
おっとりした子で、ビスコともどもマッタリされては困るので(^o^;)

いずれにしても私の生活パターンが変わらない限りちょっと無理ですね。
2羽目の場合、お迎えした理由は『ビスコに刺激を与えたいから』…ということになりますが
当然、ひとつの大切な命です。
迎えたからにはビスコと同じだけの愛情を与えるのは当たり前のこと。
そう考えると今の私には手いっぱいじゃあ〜。







にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたら
ポチッとよろしくお願いいたします(*^^*)










Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply