餌減らしの中止と、新しいサイト起ち上げ

風来坊

昨日1日様子を見て、やはり餌を減らしての発情対策は無理があると判断しました。

初めは大丈夫かも?と思っていた飢餓感がどんどん膨らみはじめて、
設置している餌を午前中にはすべて食べきってしまう状態が何日も続いたので
これはもう無理でしょう、と…。

私が日常行っていた『食べ物は制限しない、その代わりにたくさんの運動を』という方法は
発情に関してはともかく、そのほかにおいてはすべてが健康的でした。
好きなだけ食べられるし(もちろん限界はありますが)、毎日しっかり飛ばすから
本人の飛行能力も上がって、ストレスも全然なさそうで、ハツラツとしていました。


とは言え、メス鳥が健康を害する原因の大部分は発情であると私は確信しています。
肝臓を傷めるのも卵巣を悪くするのもほとんど発情が原因。
だから、発情さえがキッチリと抑えれていれば健康問題の8割ぐらいは解決すると。

それで言うと、本当は何よりも発情を抑えることに力を入れて
餌減らしを今後も続けていったほうがいいのかもしれない。
ただ、私の生活パターンではこれもかなり厳しいということが今回わかったので
一旦、前の状態に戻すことにます。

飢餓感の何が悪いかというと、とても太りやすい身体になることなんです。
前にも書いたように、飢餓感はリバウンドを誘発します。
(鳥の身体はリバウンドすると肝臓にしか脂肪がつかない)
肥満は発情と肩を並べるぐらい恐ろしいことなのでね…。


ということで、餌減らしを中止したら
今回減った分の体重が元以上に戻り、しかも恐らくはまた肝臓に脂肪がついてしまうと思います。
そこは、しっかりと運動させて少しでも肝臓に脂肪がつくのを防ぐしかありません。

一度は元に戻しますが、今後も餌の調整は視野に入れていこうと思います。
例えば休日だけ少し減らしてみるとか、飛行訓練のご褒美にあげていたタネをなくしてみる、とかね。


そして!
話はガラリと変わり、この度新しいサイトを起ち上げました。
N獣医から教わった鳥の知識をより詳しく記事にしてまとめています。

ここのブログと被る内容もたくさんありますが、より詳細に書いているので
もしよかったら覗いてみてください。
まだ記事数は少ないですが、今後は発情に関して検証したことなども載せていく予定です。
(※サイトには広告を使用してます。詳細はプライバシーポリシーをお読みください)


【LunaPerruche】
↑こちらからサイトに飛びます


Pteacher_4.jpg

ワイルドピーちゃんという私のオリジナルのキャラがナビゲーターを努めますよ〜(笑)


wildP.png


今回、AdSense広告を取り入れるために記事のタイトル付けにかなり妥協しました。
AdSenseの広告審査に合格するのはかなり難しく、Googleさんに気に入られるような名付けをしないと
審査に落ちる確立が大幅にアップしてしまうんです。

それで『初心者の私にもできた!』とか『100円ショップのアイテムを活用!』とか
そんな文言がタイトルにつけられていますが、どうか流していただければと…(^_^;)
ほんとはこういうタイトルつけるのあんまり好きじゃないんですけどね。
なんか胡散臭くなるから(笑)


さてさて。
振り出しに戻ってしまった発情対策ですが、これからも色々試して
何か良いやり方を見つけられたらと思ってます。




にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたら
ポチッとよろしくお願いいたします(*^^*)








Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply