月給18万円のライン

風来坊

ここ数日、餌やりの調整を実施してます。

確かに、今までちょっと多く与えすぎていたかもしれない。
とにかく前のような早食いになってしまっては困るから、それを恐れるあまり…。

ちゃんと緊張感をコンスタントに与えられているなら、それでも良いのです。
けれど今の私の生活にはそれが不可能なので、できない限りは餌の調整も多少は必要ということですね。

この『多少』というところがポイント。

個人的に、飢餓感は発情と同程度怖いものだと思っています。
例え発情が抑えられたとしても、飢餓感が芽生えるようでは意味がない。
だから、餌はうんと減らすんじゃなくて、飢餓感が芽生えないギリギリのラインを狙わないとダメなんですね。


都心で一人暮らしをしている人が
手取り18万の月給で暮らそうと思うと
余裕はないかもしれないけれど不可能な金額ではない。

だけどこれが10万だったらかなり厳しいですね。
お給料が入ってきても毎月払うべきものが溜まっていて
あっというまになくなってしまいます。

これが飢餓感の状態。


逆に、手取りが26万あったとしたら子供も育てられますね。
子供が大きくなって学校などに行くようになったら厳しいけど、赤ちゃんであれば余裕だと思います。

これが発情しうる状態。


だから、余裕はないけどまぁなんとか暮らせる金額…
月給18万円のラインを見定めないといけないんですね。
そのラインの餌をビスコに与えないといけない。


まだ、何gがちょうどいいのか特定できていないけれど、
昨日から1gずつ減らしています。

昨日は9gを餌箱に入れておいて、帰宅したらからっぽだった。
何時ごろに食べきったのかはわかりませんが、飢餓感はありませんでした。

今日は8g。
当然、帰宅時にはからっぽでした。
今日はすこーし飢餓感を抱いている兆しが見えました。

とは言えまだ骨盤が閉じていないから、8gでも少し余裕があるのかも。
7g〜8g程度がビスコにとって月給18万円のラインなのかなぁ。

飢餓感と発情のバランスをとるのが難しいです。


あ、金銭感覚は人によって全然違うんで
18万なんかじゃ絶対暮らせない!という人もいるかもしれません…(^_^;)
(逆もまた然り)
これはあくまで私の金銭感覚ということで、よろしくお願いいたします。





にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたら
ポチッとよろしくお願いいたします(*^^*)










Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply