けっきょくは楽なほうに引きずられる

風来坊

なにか問題が起こっているということは
どこかに見直さなければならない箇所が必ずあるのだということ。
今までのやり方が違っていたから、問題として湧き上がってくるんです。

私は勤め人が長いせいでしょうか。
仕事上でもトラブルや上手くいかないことが起きたら
どこかに見直さなければいけない箇所があるからなのだと、考える癖がついてます。
全く別のアプローチをしなければ改善はされないんだと。

鳥さんの身体もね、問題症状が出てくるということは、
必ずどこかに修正しなきゃいけない点があるということです。
今までの生活の仕方が何か違っていたから、問題として現れるんですよ、と。
それが一過性の病気ではなく慢性的なものなのであれば…ですけど。

発情なんて特にそう。
1日、2日発情したぐらいでは病気になんてなりませんからね。

それにね、症状として現れるって、手遅れまではいかないけど
けっこう容態が悪化してる状況です。
鳥さんが身を持ってトラブルのサインを出してくれているのに
やっぱり理解できない飼い主さんが多いみたい。

まぁ、視点をガラリと変えなくてはいけないわけだから
急になんてできないのはもちろん当たり前のこと。
だから、白を黒に、黒を白に変える必要なんか全然なくて、
『もしかしたら違うのかもしれない』ってちょっと思ってみて、
『何かが違っていたのかな?だとしたらそれはどこなのかな?』
って、試行錯誤することが大切なんだと思う。

だけど
人間の習性(もっと言えば哺乳類の習性)を越えた考え方をするのは根気が必要だから
けっきょくは傷を舐め合うように、楽なほうに流れていってしまうのかもしれないね。
生易しいアドバイスをしてくれる人の意見しか、聞いてはくれない。
今までずっと白でいたから問題が起こったのに、そのまま白を続けていたらそれは解決はしないよね。
『黒も見てみる』『黒も知ろうとする』ってやらないと。
見たいものしか見ていないように、私には見える。
アドバイスする側もね、そういうとこまでちゃんと見通してアドバイスするべきだと思うんです。
気休めような言葉かけは、かえって悪い方向に持っていくだけかもしれないのに。

そもそも、起きた出来事を『問題』として捉えていないんだったらそれはそれで万事オッケー。
それほど強いことはないし、人が最終的に目指すのはそこなんだろなって思う。
だけど、大多数の人はみんな後悔するし哀しい思いするんだから…。
気の毒だけど、それは何も変えてこなかった当然の結果ということになってしまう。


恐らくあの子は、このままだと悪化の一途を辿るだろうな…
と、ちょっと暗い気持ちになってしまった今日このごろです。





にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたら
ポチッとよろしくお願いいたします(*^^*)








Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply