やっぱ違うようなぁ〜と思う

風来坊

先日、某インコ本が本屋に置いてあったので立ち読みしました。

その中の一節、

ーインコは理由がないと飛ばない

『だから、あなたのインコがそんなに飛ばなくても心配ありませんよ』
と、そんな意味合いで書かれていました。

Q:うちの子、歩いてばかりだけど平気かしら?
A:平気ですよ

みたいな。


うん、そうだね。
確かに理由がないと飛ばないかもしれないね。


だけどね、野生のインコには
飛ばなくちゃいけない理由が次々起こるんですよ。
それこそ絶え間なしに。

じっと待っててもご飯は向こうからやってこないし
猛禽類が近くに来たら襲われて食われちゃうかもしれないし
風が吹いて、吹っ飛んできた小枝にぶつかってしまう…なんてこともあるかも

もうほんと、一部分だけを引用してきて飼い鳥に当てはめたって、
環境が野生の鳥とは全然違うんだから『大丈夫』なんてことはない。
下手したら『じゃあ別に飛ぶ必要なんてないか』って飼い主さんが思ってしまって
ますます肥満児が増えちゃうかもしれない。

これが飼い鳥業界のほんとにウンザリするところ。
完全に《人間を安心させるためだけの本》に成り下がってる。
全然鳥のためになっていない。


この本が本当に書かなければいけないのは

インコは理由がないと飛ばない。
飼い鳥は飛ぶ理由が全くない環境に身を置いているので
なんとか理由を作って飛ばすようにしましょう



こうじゃなくちゃいけないと思う。


インコの飼育の仕方を学ぶ本なのに
人間を安心させるだけでどうするのさ。


こんな本が売れて
間違った知識広めてる罪深い人に
お金が入ってるんだと思うと


イライラが止まらんわ…(#^ω^)


(なんか最近、私N獣医化してる、、、?笑)




にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村
↑楽しんでいただけましたら
ポチッとよろしくお願いいたします(*^^*)










Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply