言葉は大切だけど、それがすべてではない

風来坊

普段いんこだよりなんてほとんど見ないんですけど、
Googleを開いたりAndroidを使ったりしてると、Googleフィードで関連記事が表示されます。
それで、先日偶然上がってきたフィードにいんこだよりの記事がありました。


その記事ではセキセイインコの里親を募集をしていました。
老夫婦が飼っていたそうですが、事情があり手放すことを決めたらしく
それで里親募集の投稿に至ったそうです。

その募集記事、タイトルが『インコあげます』となっていて、
その表現が気にくわないというユーザーたちの書き込みにより、荒れに荒れていました。
『あげるなんて、物じゃないんだから』と。
けっきょくいんこだよりの運営側によって記事は削除されましたが、
私はそれをみて『くだらなすぎる』と思ってしまいました(´Д`)

確かに『あげます』という表現は全く褒められたものではないけれど、
正直どうでもよくないですか?
だいたい鳥をカゴに閉じ込めて飼ってる時点で、私たちは鳥にたいして
とても罪深いことしてるんですよ。
だから、私たちはその分鳥にたくさんの愛情を注いでいるわけです。
空の下を飛び回ることと引き換えに。
その事実をスッ飛ばして、言い方だけにこだわったって全然意味ないです。

なんだか投稿主が可哀想に感じてしまいました。
(この主さん、たぶん老夫婦の代理人で投稿したものと思われます。)

大事にされていたセキセイインコを育てられなくなったので
なんとか可愛がってもらえる人に引き取ってほしいと思って
せっかく投稿したのに、いろんな人に突っ込まれて。
鳥のことを大切に思う気持ちはわかるけど、少しは【人間側】の気持ちも考えてあげましょうよ。
鳥の飼い主であるあなたたちは人間なんですから。
(荒らしていたユーザがみんな鳥飼いとは限りませんが…)
増して今回は、鳥を引き取る側ではなく送り出す側の人の発言なんですから、
そこまでこだわる必要ないように思います。
私は、そんな小さなことで突っ込む人に里親になんてなってほしくないですね。

ほんとに心無い人なら、里親募集なんてせずに外に放してしまったりするかもしれないんですよ。
もしかしたら優しい人に引き取ってもらえて、幸せな第二の鳥生が過ごせたかもしれないのに
たかが投稿主の言い方ひとつでその機会がひとつ潰れたのです。
それでは本当に鳥のことを考えていることにはなりませんよね。

例えばそれが、会話を楽しむコミュニティの場などであれば、
表現の仕方を指摘することも大切になるかと思います。
でもこの投稿は里親募集の場ですから、それで荒らすのはちょっと違う気がしました。


ペットを飼っていない人から見たとき、ペットを溺愛する人の姿は、
親ばかならぬ『ペットバカ』として嘲笑の対象になったり
ちょっと変わり者扱いされたりすることって時にはありますよね。
鳥飼いの身としては、嘲笑されるのは哀しいし傷つくけど、
こんなことがそこかしこで起こっているのであれば、嘲笑されても仕方ないと感じてしまいました。

言葉や表現はとても大切なものではありますが、
それがすべてではないと、私は思っています。









Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply