台風につき、鳥は人間と一緒にシェルターへ

風来坊

台風の中、みなさま如何お過ごしでしょうか。

我が家の周辺は、多摩川の河川がヤバイとかで
スマホにさっきから通知が届きまくってます。
うちは多摩川には近くないハズだけど、勧告地域に一括りにされているのかな。

今のところ、大雨はではあるものの、
風もそんなに吹いていなくてとても静かです。

しかも、うちのベランダからは首都高が見えるのですが、
こんな日でも車はけっこうな数走ってます。
渋谷のライブカメラでも、車や人がけっこう映ってる。
(この天気の割には…ですけど)

19-10-12-16-47-23-946_deco.jpg


念の為、ガラス窓の対策は一応してみましたが…。


こんな天気の日は、鳥たちも怖がらせないように
安静にさせておくのが普通なのでしょう。
けど私は、こんなときこそビビらせるチャンスだ!と思ってしまいます(笑)

良い天気の日も、悪天候の日も、全部含めて【自然】であり
鳥たちはそんな中を生き抜いている生き物なので、
ビスコにも、ほんの少しでもそういったものに触れさせたいと思うのです。
飼い鳥である以上どうしたって限界はあるけれど。

とは言え。
暴風で窓などが割れてしまっては大変危険なので
風が強くならない午前のうちに、わざと大雨の景色をビスコに見せていました。
すこーし落ち着きをなくしていたけど(この落ち着きがない状態が、発情抑制にはとても大事)
まぁ、いつもの通りすぐにどうでもよくなったみたいで
呑気に羽繕いしたり、クチバシをギョリギョリさせて眠ったりしてました(;^ω^)

お昼を過ぎたあたりで、突然風が強くなる可能性もあると思って
安全な場所へケージを引っ込めました。
鳥は本来シェルターには籠もらない生き物だけど、今日は人間と一緒に窖生活です。

P_20191012_1607.jpg

安全な場所に避難中のビスコちゃん。

前回の台風では、スズメたちがたくさん死んでしまったらしいですね。
人間もだけど、野鳥たちの被害も最小限に済むといいのです…。


そう言えば、ビスコの鳴きっぱなし問題ですが、最近ちょっと落ち着きました。
今でもまだ呼び鳴きの癖は残っているものの
『始終泣き続ける』ということはなくなって、ちょっとホッとしてます。

ただ原因は突き止められず…でした。
なんで鳴いていたのかも、どうしておさまったのかも不明です。

P_20191008_085109.jpg


P_20191008_085106.jpg


色々考えたあげく、やっぱり発情が関係しているんじゃないかなって
今では思っています。








Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply