恵比寿の病院

風来坊

本日、午後休を取得して恵比寿の有名な鳥病院へ行ってまいりました。

実は、先月のはじめごろから足の裏に赤い斑点があって気になっていたのです。
3箇所ほど、擦りむけているようなかぶれているような…。
たいしたことはなさそうだけど、鳴きっぱなし問題もいまだ解決していないので、
原因を特定するためにも行くことにしました。

なんと、8月の24日に予約の電話をして最短の空き日程が今日の9月10日。
すごい大盛況〜!(って病院に使う言葉じゃないとは思いますが、、、、)
それでも一度は有名どころの先生に診ていただきたいという願望もあり予約を入れました。


お、面白い先生だった、、、(笑)
診察しながら時々ビスコに話しかけるんですけど、その内容がおかしくて。
診察中にあんなに笑ったのは初めてですw

そして肝心の診察はとっても丁寧でした…!
そのう検査もフンの検査も、すごく細かく説明をしてくれるのです。
これは今まで診てもらったどの病院にもなかったことでした。

で、足のほうですが。

なんと、タコができているとのことでした…!
ええ、そんな〜!
足と言っても、斑点がある足裏ではなくて足首?のほうです。

ビスコの体重から見て、肥満が原因でできてるタコではないそうで、
(体重はほぼ適正と言われました。良かった、、、)
『平らなところに長時間いたりしますか?』と聞かれました。

ああ、それには…心あたりがございます。
ビスコはスキさえあれば、カゴの下に降りたがるのです。
私が家にいるときは尻を叩いてでも木の上に登らせますが、
ひとりで留守番させているときは、これ幸いと下に降りてる(#^ω^)

見慣れないものを下に置いてビビらせようとしても物ともせず
空いているところに腰を降ろして『はぁ〜ヤレヤレ』とよくやっているのです。
なんかもうね、100円ショップにあるカラスよけのトゲトゲしたやつでも置いちゃろか!って
思ったりもしたんですけど、万が一パニックでも起したら大惨事になりかねないので
さすがにそれはできず。

止まり木を変えるか、下に降ろさないように工夫して
少し様子を見てみましょう…という診断結果になりました。


そう言えばバードマット(木くず)入れていったら注意されました…。
いつもは入れてないんだけど、今日は混雑中の電車に乗るので
なんとなくクッション性を期待して入れてみたのです。

そしたら、これは誤飲や目に入る危険性があるし
クッション性としても役に立たないし、いいことナシです!と言われ。

実はね、私も何回か使ってみたものの
あまり使い勝手良くないし、しかも発情を促進させているような気がして
(どう考えても真っ先に巣材になりそうなアイテムだし…)
今はもう全然使っていなかったのです。

移動時用のクッションとしても役に立たないなら、もういらんですねコレ…。
あと4袋もあるのに(´;ω;`)
誰かほしい人いたら差し上げますわー。
って、こんな話を書いたあとじゃ誰も欲しがらないかもしれませんが。
メルカリにでも出すかw


あと発情について…。
骨盤の開き具合を診てもらい、発情していないときの骨盤がどうなのかということも
教えてもらいました。
発情していないときは骨盤は全く開いてないそうです。
ビスコの骨盤は、たまごを産むレベルではないけれど発情はしてるとのことでした。

は〜、やっぱりかぁー。
私がキッチリ管理できているのは今のところ体重のみのようです。

先生も、『残念ながら女の子の鳥は平均寿命と言われている年齢に届かないことが多い』と
おっしゃってました。
そしてそれは発情がかなり影響しているからだとも。

でしょでしょ!
やっぱりそうですよね〜。
私もそう感じていたから色々とこれまでやってきたのだけど、
全然効果を得られず苦戦中です。


こんな感じで、とっても丁寧な診察に安堵を覚えました。
さすが評判良いのがよくわかりました。
これからも診ていただきたいけど、やはり混雑状況がな〜。
なので、メインの病院にするのは難しそうです。
1年に1度、健康診断で診ていただけたら心強いなと思いました。











Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply