一緒にホームセンターへ

風来坊

発情を抑えるため、たまにビスコを外に連れ出してます。

いつも行くのは公園だけど、今回はホームセンターへ買い物に行ってみました。
歩いて10分ぐらいのところにあるホームセンターがペット同伴可なのです。

ペットと言っても大抵みんなが連れ込んでいるのは犬。
鳥は平気かな?と心配になりつつも
まぁ、犬がOKなら鳥なんて全然問題ないでしょう、カゴに入ってるし…
と思い直し連れていくことにしました。


P_20190720_105621.jpg

ペット専用の買い物カートに乗って、いざお買い物。

やはり鳥を連れているのは珍しいらしく、
道行く人に声をかけられたり、カゴを覗かれたり
レジの店員さんに『かわいい〜〜!』と言われたり。
みなさん、たくさん声をかけてくださいました。

ありがたいことですね(*^^*)


でも…ひとつ言っておくと
何も愛鳥自慢をしたくて連れ回しているわけではない…
ということはこの場で説明しておこうと思います。

すべては、鳥の身体に欠かせない『緊張感』を持たせるためであり、発情を抑制するため。
だって、買い物するだけならひとりでまわるほうがよっぽど楽だもん(´・_・`)

思わずレジのおばちゃんに
『鳥にも散歩させたほうがいいんですよ〜、カゴの中でボケ〜とさせておくよりも〜』
と、解説してしまいましたよ(笑)


つい最近、インコを虐待していた大馬鹿者が逮捕されましたね。
そのニュースをネットで読んでふと思いましたが
知らない人から見れば、私がやってることも
『買い物に連れ回りたりなんかして非常識』とか思われるかもしれないなぁと。


一応ですね、連れ回すにしても気をつけていることはたくさんあります。

絶対に飛び出してしまわないようにカゴの戸締まりは徹底する…ということはモチロン、
温度管理や、芳香剤など匂いがきついものが置いてあるところには行かない、
布などで全面を隠さず、私の姿はビスコから常に見えるようにしておく、
帰ってきた後はすぐに放鳥させてストレスを発散させる…などなど。

それらを踏まえたうえでのお出かけ。

とにかく私は、メス鳥が患う病気の多くは発情が大きく影響していると考えてます。
(感染症などは別として)
だから、発情を抑えるための努力はできる限りやりたい。
正解不正解の存在しない問題ですが、私はホルモン剤などを使って予防させるほうが
鳥にとってはよほど負担だと思ってるので、こういった手段を取ってます。

あ、ホルモン剤そのものを否定してるわけじゃないですよ。
闘病の末とか、切羽詰まった状況とか、事情は色々あると思うので。
ただ、他の手段を試さずして予防の段階で使うということを、私はやりたくない。


こういった私の発情対策が、ビスコの身体に悪影響ならば当然止めます。

P_20190719_215315.jpg


でもビスコの羽は艶々しててとてもキレイ。
健康な証拠だと感じています。
ストレスから毛引きしてしまう…といったことも今のところ見られません。
この羽は、私の励みにもなってるんです。


今は『始終鳴きっぱなし』という問題を抱えていて
もしかして、それがこの発情対策に影響を受けて発生しているんだとしたら
やっぱりそのときは他の手段を考えます。
けど原因が特定できていない以上は、色々試しつつこのまま発情対策を続けていくつもりです。


ちなみに、ビスコはホームセンターをまわっている際、
いつもよりおとなしくていたものの怖がっている様子はほとんど見受けられませんでした。
ほんと度胸が据わってる…。

たぶん3回も連れていけば、そのうち店をまわりながらアクビとかしだすと思います(笑)








【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com



Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply