そして新しい病院へ

風来坊

引っ越しして、前に通っていた病院は遠くなってしまったので
新しい病院へ行ってきました。

shinsatu.jpg

診察券可愛い〜♪



鳥を主体に看板を出していますが、鳥だけではなくエキゾチックアニマル全般診ているようです。
私の前に来ていた患者さんはウサギを診てもらってました。

品川にある病院なんですけどね、院長先生が若い…!
たぶん年下だと思います(;^ω^)
優しそうで、雰囲気はとても良かった。

ただ、なにせとてもお若いので
前に診てもらってた超ベテラン貫禄ありありの先生と比べると
いざというときどれぐらい頼れるかな、、、?というところではあります。
(経験値な意味で)

なんか、N獣医のおかげ(?)で、ちょっとぐらい叱られないと
物足りないと感じるようになってしまった(笑)
何も指摘されないと『え、いいの?』みたいな。
だからって、無意味に怒られるのも嫌ですけどw


検査は、そのうとフンだけしてもらってアッサリ終了。
何も問題なし。
とってもありがたいことですが、毎回健康そのものなので
どこの病院でも、自分の番まで長いこと待つ割に診察はソッコーで終わります。


今回、鳴きっぱなしの件を相談してみました。
始まった時期や、状況なんかを事細かに伝えて。
そしたら、やはり発情が影響してるんじゃないか…ということでした。
おお、私の読み当たってた…?!

肩に乗っているときも鳴いているというのは不思議だね〜と
先生もおっしゃってました。
『きっと、何かを訴えているんだろうけど、なんでしょうねぇ、、、、』と。
私の心の声と全く同じ(笑)
ちょっと、ホッとしました。
寂しいのかもとか、構ってほしいのかもとか安易に言われなくて。

で、結論『今の時期は発情しやすい時期だし、その可能性が高いのでは』ということ。
ついでに、骨盤の開き具合についても診てもらいました。
毎日チェックしてますが、産卵となるとどのぐらい開くものなのかサッパリわからなかったので。

いざ卵を産むとなると、指がズッポリと骨盤に入り込んでしまうそうです。
そこまで開いてはいないので、今の状態なら大丈夫と言われました。良かった。

と、安心したせいかひとつ聞きそびれました。
発情していないときの骨盤はどうなのかってこと。
全く開いていないのが普通の状態なのかな。
少しでも開いているということは、発情しているのだろうか。
今回わかったのは、産卵の心配がないということだけであって
発情しているのかしていないのかというところまでは聞かなかった〜汗

また行く機会があったら聞いてみよう、、、、。



久々に撮れた、恐竜っぽいフォルムのビスコ。

P_20190711_084614.jpg

P_20190711_084607.jpg



おてんば娘っぽいにおいがぷんぷんです、、、w
お腹、ですぎじゃない?(笑)











Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply