巣を守る鳩

風来坊

先日の記事で、鳥は『巣』を守ろうとするとき、攻撃的な行動をとる…という話を書きました。
それで思い出したことがあります。

ビスコをお迎えする1年前の話なのですが、
旅行で静岡県の三島神社へ行ったことがありました。

そのとき境内の立て札の上に、とっても変わった鳩がいたんです。

P_20170828_095612.jpg

この仔。

この仔ね、ず〜〜っとこの立て札の上に乗ってて動こうとせず。
そのうち、別の鳩が飛んできてこの立て札に止まったんですけど、
そのとたん

『ちょっと!!!なにんすのよ!どいてよ!この場所はアタイの場所よ!!』

とでも言いそうな勢いで、その飛んできた鳩を相撲の押し出しみたいにして追い出しだんですよ(笑)

近くで見ていた、とある家族のパパさんも、
『なんだコイツ〜〜!wwww』って笑いながら、その姿を面白おかしそうに見ていました。

P_20170828_095655.jpg

↑仲間を追い出したあとの、得意げな姿w


このときは、
『なんかジャイアンみたいなヤツだな〜w』としか思わなかったのですが、
今ならとてもよくわかります。

この仔、この場所を『巣』だと認定したんですね。
だから別の鳩がやってきたときに、激しく追い返したんだと思います。
実際はこんなところに巣を作れるハズないですが、
色々な条件(気温・餌の有無・外敵の有無等)が重なって、この鳩にそう錯覚させたのでしょう。
境内の鳩は人に慣れきっていて、もはや周りを歩く人間は外敵でもなんでもないんでしょうね。

もしこれが今の私だったら、試しにその辺の棒でつついてみるんですけどw←おいっ!
(だって、どんな反応するか知りたいし)

木の枝でつついたぐらいでは、逃げずに反撃してくるかもしれない。
じゃあ、手で掴もうとしたらどんな反応するかな?とか。

P_20170828_095659.jpg

木の枝でつつくというのは一見野鳥をイジめているようにも見えますが、
この仔がもしこの場所を本当に『巣』だと錯覚しているのであれば、
目を覚ますよう手伝ってあげることは、別に悪いことではないですしね。


残念ながら、このときは鳥に関してなんの知識も持っていなかったので
この仔で実証することはできずじまいでしたが。

まだ、この鳩はあの神社で元気にやってるのかな?















Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply