冬の健康診断

風来坊

健康診断へ行ってまいりました。

昨年いっとき診てもらっていたN先生(例の怖い獣医さん)は
残念ながら廃業してしまったので、その前に診てもらっていた鳥専門の病院へ。

車で1時間ほどの場所にあります。


P_20190202_102913.jpg


ドライブはビスコにとって良い刺激になるので、
積極的に外の景色が見れるようキャリーを高いところに設置!


しかし……

P_20190202_104009.jpg


あ〜あ〜、毛づくろいなんかして、全然緊張してない(;^ω^)


最近怖がるものがメッキリと減ってしまったビスコは、もう何をやってもビビリません。
こんなんで春の発情期を乗り切れるのか不安です。
早食いをしてしまうため、餌を調節しての発情抑制はビスコには適していないので
どうにかして怖がるものを見つけなければなりません。

本物のカラスでも部屋に放したいぐらいw

とまぁ冗談ですが、とにかく今のうちに見つけておかなければなりませんね。
なにか怖がるものを。



病院は混んでいて、予約していても40分ほど待たされました。

P_20190202_111014.jpg


待合室の様子。
ここの病院、待合室に鳥がたくさんいるんですよ(*^^*)
(販売もしています)


blog20190203.jpg


キバタン!
初めて実物を見ました。
ビスコと同じオウム科なので、どことなくビスコに顔が似てます。
エサを足でくわえて食べていたり、ケージにぶら下がったり、自由気ままに動いていて可愛かったです。


前にこの病院に来たときは発情対策とかなんも考えていなかったので、
セオリー通り、自分の鳥を怖がらせないように…と布を被せて外を観せずにいました。

今は、こういった他の鳥が見える環境も良い刺激になるだろう…と、
鳥さんたちの前にビスコのカゴを置いて、どういう反応をするか見てみたのですが…


P_20190202_112219.jpg


ふてぶてしいまでに動じない(笑)
ゆきだるまのごとくドッシリと構えて動きやしません。

なんだろう。
絶対、目の前にいる鳥さんたちを自分の仲間だとは思っていないよねw
自分とは全く別の生き物だと思って眺めている感じ。



肝心の診察のほうですが、そのうもフンもキレイですよ!と100点をもらえました。
ベスト体重が知りたくて触診してもらった結果、若干ムチっとしているものの
ちょうどイイ感じの体型なので、このまま現状維持で…ということになりました。


良かった〜!


でも、まぁね…
ビスコの健康管理するのにめちゃくちゃ気ィ使ってますからね。
これで太り過ぎとか言われたら、もうお手上げですわ ┐( -"-)┌



ここの病院は、N先生とは指導内容が真逆です。

・ダイエットは食事制限で(運動は心臓に負担がかかる)
・ひまわりの種は高カロリーなので、今食べさせていないのであれば味を覚えさせないほうがいい
・換羽中の放鳥は控えめに
・先生が飼い主に優しい(笑)


などなど。
あくまで『飼い鳥』として丁寧に診察をしてくれる感じ。

N先生は、飼い鳥とか野生とか関係なく『鳥は鳥!』として
どう生活させてやるべきかを滾々と説いてました。

どちらが間違ってるとかそういうのではなくて、
飼い主がどちらを選択したいか…なんでしょうね。

いずれにしても、いつまでも健康でいてもらえるよう
常に管理をシッカリとやっていきたいです。


その前に、自分の健康管理をもうちょっとシッカリやらないとな…
最近、忙しさのあまりかなり手を抜いてしまっているので(;^ω^)











Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply