すべては巣があることから始まる。

風来坊


日本全域の話だったか都内の話だったかは忘れましたが、
いまスズメの数が減っているらしいです。
その原因は『巣を作れる場所が減っているから』という調査結果が出ているそう。

ということは、

巣があるから繁殖する
巣がなければ繁殖は起きない

という図式が成り立ちます。

発情は、繁殖という本能からやってくるものなので、
巣がなければ当然発情は起きないということになります。

例え発情相手がそばにいても
子育てするのに適した気温でも
豊富に食べられる餌があっても
巣を作れる場所がなければ、発情は絶対にしないのです。

さて、巣を作る場所がなかなか見つけられないスズメたち。
確かにスズメ全体の数は減少しているものの
わずかな隙間を見つけてはなんとか巣を作っているそうです。
それが今までだったら絶対に作らないような場所でも…です。
信号機の上に作られていたケースもあるとか。


『巣』というと、ぱっと思い浮かべるのは
木の枝を集めて作られたまんまるいカゴや巣箱だと思います。
けれど、それは違うそうです。
鳥たちは、条件が揃えばなんであれそこを巣だと認識するらしいのです。


カゴの中のおもちゃなどは、例えどんなものでも鳥たちが巣だと勘違いする可能性があるとのこと。
だから、発情させたくないと本気で考えているのなら、おもちゃ類は一切抜かなければなりません。
おもちゃが発情相手になるかもしれない…という話は
一般的な発情対策の話でよく目にするかと思いますが、
それよりも巣になるから…という視点のほうが対策も取りやすくなるように思います。

野生の鳥は、おもちゃなんかで遊ばない。
ケージから抜いたって、何の問題もない。
だから、

ーここまでが、獣医から聞いた話をそのまま書き起こしたものになります。




ここから先は、その話を聞いて私が思ったこと。


飼い鳥たちは錯覚の世界に住んでいると、私は考えます。


発情ってなんでするの?と考えたとき、それは子孫を残したいからです。
子孫を残すためにたまごを産みたいから発情します。

ということは、無精卵を産むという行為は
本来ありえない異常事態ということになります。
子孫を残したいからたまご産むのに
絶対に孵ることのないたまごを産む。
それって普通じゃないですよね。
本来の生態からは外れた、歪んだ状況と言えると思います。

実際、それによって過剰産卵による卵詰まりや
発情過多による病気がそこかしこで起こっているのですから
決して大げさではないでしょう。


どうしてそうなってしまうのでしょう。
そう考えたとき、そうか鳥たちは何もかもが錯覚の世界に住んでいるからなんだ
と私は気づきました。

人間は、もし雛を孵したいなら、発情相手は同種のオスじゃなければ
有精卵を産めないんだということは容易にわかります。
でも鳥たちはそこまで思考が追いつきません。

本当なら、オスが存在していない時点で
子孫を残せる条件は揃っていないハズなのに
それ以外のあらゆる条件が揃っているため
そうなんだと錯覚を起こしてしまい、発情します。

そして、その錯覚の世界に鳥を住ませているのは、紛れもなく私達人間です。
すべては人間が用意した環境に対して錯覚を起こしているのです。
けどそれは、もう飼い鳥の宿命というか
カゴの中で飼われている以上どうしようもありません。

ここまで突き詰めていくと、そもそも人間が鳥を飼うということ自体
間違っているのだ、とそんなこと言うつもりがなくても、そうだということになってしまいます。

事実、そうなんだろう…と思います。


でも、

むしろ鳥を飼うというシステムがこの世に存在している以上、
ちゃんと人間が飼ってあげて、お世話をし、最期まで見てあげなくてはいけないと思っています。





錯覚を起こしている鳥たちには、
錯覚で対応するしかありません。

外敵として
本物のカラスや鷹、コヨーテなどを用意するのは不可能だし、









薬を包んでおいしく投薬【MediBall】
【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com



Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply