早速の発情行動

風来坊

前回の記事を書いた矢先、早速ビスコがふだんよりも攻撃的になりました。

仕事から帰宅して、ケージに指を入れたら
犬みたいに『ガルルルルルルッ…!』とでも言いそうな勢いでくちばし攻撃。
ビスコの場合、発情で攻撃性が増してるときの見分け方は
とにかく攻撃してくる勢いがスゴイということと、離れたところからでも威嚇してくるということかな

あ〜、またケージを巣だと勘違いしちゃったのか…

と少しガックリ。

でも、なんとなく予感はしてました。
朝の時点で、前日までとは少し違うなって感じていたので。

まず呼び鳴きがひどい。
私がちょっと立ち上がって違う部屋へ行こうとするだけで
ぎゃおんぎゃおん鳴く…(;^ω^)
そして放鳥していても、私の肩を目指して一直線。
止まりっぱなしにならないように怖がるものを使って飛ばせても飛ばせても
ものすごい勢いで肩に戻ってくる。

で、通勤前にケージをどこに置こうか悩みました。
いつもと全然違うところに置いてみようかな?と。
けどすぐに慣れきってしまうだろうと踏んで、いつものところに置いたまま出かけました。
そっちのほうが窓の外が見えるので、まだマシかな…と。

しかし、帰宅してみたら案の定発情行動…。
ということで、夜の放鳥はいつもより厳し目の訓練を行いました。

画像


巣と勘違いしてる場所に手を出すとつついてくるので、手袋をはめて優しくパンチング攻撃!
(※寸止めです)
こぶし対クチバシの戦い。
攻撃してくるということは相手をナメているからなので、
めげずに応戦していると、そのうち攻撃をやめてしぶしぶその場からどきます。

あとは、ケージが安心できる場所でないと思わせることも重要で
昨日は、ちょっと荒療治ですがケージの中でスイッチ入れたドライヤーなんかも
放り込ませていただきました…(笑)
それでもあまりこわがらないビスコは、心臓に毛が生えてるみたい。
真横でゴオォォォォと音をたててドライヤーが鳴っているのに
少し横で固まっていただけでした。


ま、ともかくもそんな努力の甲斐あって、今朝はいつものビスコに戻ってました。
呼び鳴きは少なめ、攻撃性も控えめに。
それでも肩に乗ってるときに指を出すと、必ずつついてきますけどね。

そんなこんなでドタバタした昨夜でしたが、
まだ発情フンにはなってなかったので安心しました。
発情したメスのフンってほんっと臭いんですよね(笑)
何か、熟れて道に落ちてる銀杏みたいな匂い。
お食事中の方、いたらすみません…(汗)


こんな感じの每日を、ビスコとは過ごしてます。
ブログタイトルの《愉快な日々》を《訓練の日々》に変えようかとも思いましたが、
まぁ、そういうことも含めて愉快な每日ということで(ΦωΦ)










Posted by風来坊

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply