多頭飼いのケースは参考にならない

0
『とにかく鳥には緊張感が必要なの!!』と、鳥専門の獣医であるN先生に言われ言ってることはなんとなくわかるけど、イマイチ《なぜそうなのか》というところまでは深く理解できていなかったあの頃。けれど、今ならとってもよくわかります。なぜ鳥には緊張感が必要なのか。答えは、そういう身体の構造をしているからです。もっと言うとそうプログラムされている生命体だからそんなふうに表現してもいいと思います。元来《家》とい...

ついには数すら数えられなくなったか…

0
すみません、先日の記事で、鳥の足指を3本と書きましたが、やはり4本で合っていました…orz最初4本あると思って絵を描いてケージの中で見直したら『あれ?3本しかない?』と、思い直して訂正してで、今またよく見たらやっぱり4本だったと…。爪は頻繁に切ってるし私の指にもよくよく止まらせてるのになぜわからないのだ、自分…。寝ぼけるのも大概にしろですね(笑)間違った情報を書いてしまいすみませんでした(*>_...

骨盤について

0
ビスコの骨盤。この日以来、毎日チェックしてます。相変わらず開いたまま。開き具合に変動はあまりなく、広がってもいないし閉じてもいない状況です。疑問があると、とことん調べずにはいられない性格なので…(苦笑)あれから、ネットでメス鳥の骨盤のことを色々検索しました。そこでわかったこと。どうやら骨盤が開いてると、止まり木にとまっているときや歩いてるとき足と足の幅が広がっているらしいです。ガニマタっぽい感じに...

鳥は飛ぶものです

0
最近、職場の周辺(渋谷)にカラスが増えた気がします。今の職場は勤めてもうすぐ4年になりますが、入社したての頃はこんなにカラスいなかったと思うんですよね〜。オフィスの外に出るとカァカァとうるさい鳴き声が頭上からしょっちゅう聞こえ、姿もよくよく見かけます。ハシブトなのかハシボソなのか…自宅周辺にいるカラスより小柄に見えます。http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/nature/animals_plants/crow/difference.html環境...

世界を股にかけるビスコ

0
我が家の世界地図の前で羽休めしているビスコ。この場所で写真を撮ると、いつもは動いてしまってカメラに収めるが難しい『正面の顔』がナゼかうまく撮れる率が高いです。さぁ、ビスコさん世界を股にかけましょう。うわ、ブサイクだっwビスコ:『失礼だわね』ビスコ:『こっちの角度から撮ってよ』ところで、渡り鳥の飛行距離ったら半端ないんでしょうね。彼らは、なが〜い海の上をずーっと飛んでくるんですからほんと尊敬します。...

私たちは高等生物

0
所詮人間のほうが高等生物。鳥は、私たちよりも下等な存在。そういう意識が大切だと思います。それは、人間のほうが偉いとか崇高だとか、そういう意味ではありません。あくまで生物として高度かそうでないかという話。よく鳥に対してお願いだから発情しないでお願いだからたまごを産まないでという表現を見かけます。けど、お願いなんかしたってダメです。ちゃんと人間が『そうさせない』といけないんです。彼女たちにイニシアティ...

◯◯ビス

0
オジさんみたいな顔してるビスコオジビスま〜るいビスコまるビス細長いビスコほそビス(なんかネッシーみたいな形w)お風呂にはいるビスコふろビスそしてやっぱり最後は…お相撲さんみたいなビスコスモビス!...

手はまだある

0
先日ビスコに怖いものがなくなってしまったという話を記事にしましたが、新たに怖がるものを発見しました。こちら、100円ショップで購入した竹とんぼ。赤い矢印の部分を横に引っ張ると、プロペラ付きのクマが上にぶーんと飛び上がります。これを飛ばすと、驚いてビスコもバタバタ飛び回ります。久々に理想的な怖がり方をしてくれました。まぁ、またすぐに慣れて飛ばなくなってしまうと思いますが…。そして、少し前に怖がってい...

発情抑制をしなかった結果

0
今年は、何事も本音でいこうと考えてます。本音で話すことが、時にはとても大切なことだと思うから。今日これから書くことは、もしかしたら誰かを不快にさせてしまうかもしれません。その反面、誰かのタメになることもあるだろうと思って書くことにします。不穏なものを感じたら、ここで画面を閉じてください…(笑)ビスコを迎えたばかりのころ、よくSNSで鳥飼いさんと交流してました。もともとオカメインコを飼いたいと思ったのも...

発情レベル

0
今日、ふと思い立ってビスコの骨盤を触ってみたら、完全に開いていました…orz私の小指が骨盤と骨盤の間に沈む程度なので、約1cmほどです。開いてるということは、間違いなく発情しているということなのでしょうね。あ〜、もう!モチベーション下がるわ〜(汗)こんなに毎日苦労しているというのに。私の中で、発情レベルは5段階あります。発情レベル5:発情ポーズ、疑似抱卵、産卵発情レベル4:カゴの下に降りたがる、暗いとこ...